グループTOP
製缶陸運TOP
会社概要
営業案内
支店一覧
お問合せ
リンク集

樺キ崎空港倉庫

運輸安全マネジメントの取り組みについて
運輸安全マネジメントの取組みについて
当社では輸送の安全を確保するために、以下のとおり全員が一丸となって取り組んでいます。
1.輸送の安全に関する基本的な方針(平成28年度)
@ 社長は、輸送の安全の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社内において輸送の安全の確保に主導的な役割を果たしてまいります。また、現場における安全に関する声に真摯に耳を傾けるなど現場の状況を十分に踏まえつつ、従業員に対し輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底してまいります。
A 輸送の安全に関する計画の策定、実行、チェック、改善(Plan Do Check Act)を確実に実施するとともに、安全対策を不断に見直し、輸送の安全性の向上に努めてまいります。また、輸送の安全に関する情報については、積極的に公表いたします。
【安 全 綱 領】
1.安全は、輸送業務の根幹である。
2.安全は、最大の顧客満足である。
3.安全の確保の要諦は、執務の厳正、規程の遵守、確認の励行、連絡の徹底である。
4.安全のためには、職責をこえて一致協力しなければならない。
5.判断に迷うときは、最も安全と思われる道をとらなければならない。
2.輸送の安全に関する目標(平成28年度)
「重大事故ゼロ」の継続に向けた取組みを、さらに推進してまいります
樺キ崎空港倉庫 28年度目標 27年度実績
人身事故件数 0件 0件
物損事故件数 0件 0件
其他事故件数 0件 0件
3.自動車事故報告規則第2条に規定する事故に関する統計
自動車事故報告規則第2条各号に該当する事故はありません。(平成27年度)
4.輸送の安全に関する組織体制及び指揮命令系統
(表−1)のとおりです。
5.安全に関する重点施策(平成28年度)
@ 輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底し、関係法令及び安全管理規程等内部規定に定められた事項を遵守いたします。
A 輸送の安全に関する費用支出及び投資を積極的かつ効率的に行うよう努めます。
B 輸送の安全に関する内部監査を行い、必要な是正措置又は予防措置を講じます。
C 輸送の安全に関する情報の連絡体制を確立し、社内において必要な情報を伝達、共有いたします。
D 輸送の安全に関する教育及び研修に関する具体的な計画を策定し、これを適確に実施いたします。
6.輸送の安全に関する計画(平成28年度)
@ 運輸安全マネジメントシステムに基づき、平成26年度「安全推進年間基本計画」(別紙−1)を着実に実施していきます。
A 安全研修センターを核とした事故防止に対する取組みを強化していきます。
B 従業員の安全保持感度のさらなる向上を目指した「2ヶ月1目標運動」を確実に取り組んでいきます。
C 従業員による自発的事故防止を指向した計画的な事故防止少人数グループ活動の着実な実施により、安全確保に向けた取組みを前進させていきます。
D 本社・支店が一体となった安全推進の取組みを充実させていきます。
E 事故防止に必要な設備投資を推進していきます。
F 協力会社に対する事故防止に向けて、充実した取組みを進めていきます
G 全営業車に装備した「デジタルタコグラフ」、「ドライブレコーダー」の事故防止に向けた活用を、更に深度化していきます。
7.輸送の安全に関する実績等
@ 安全推進会議を毎月開催して事故防止対策等を充実するとともに、本社幹部社員による各支店等への点呼立会等、事故防止の強化に努めております。
A 社長をはじめとした本社幹部及び各支店長等による、支店等別の安全診断を計画的に実施し、安全の確保に向けた取組みの進捗状況評価と更なる改善を行っております。
B 「安全研修室」を設置し、各支店の安全推進者研修を2回/年、初任運転者教育や事故惹起者教育及び協力会社研修等についても必要の都度実施しております。
C デジタルタコグラフの装備を完了しております。
D バックアイカメラの装備を完了しております。
E ドライブレコーダーの装備を完了しております。
F 全支店・営業所及び全車両へのアルコールチェッカーを装備・携帯しております。
G 新排ガス規制適合車両への取替えや老朽車両の取替えを実施しております。
H 自動車運転成績優良者及び事故防止優秀支店表彰を実施しております。
8.事故、災害等に関する報告連絡体制
(別紙−2)のとおりです。
9.安全管理規程
安全管理規程は(別紙−3)のとおりです。
10.輸送の安全に関する教育及び研修の計画(平成28年度)
@ 運行管理者・整備管理者及び補助者等の教育
全ての運行管理者、整備管理者及びその補助者に対し、安全研修センター定期研修及び「安全推進年間計画」(別紙−1)に基づき、教育を実施していきます。また、部外研修としては、交通安全研修所等における教育も実施していきます。
A 乗務員に対する教育
全乗務員を対象とした机上教育及び実技教育を安全研修センター定期研修及び「安全推進年間計画」(別紙−1)に基づき実施していきます。また、部外研修として交通安全研修所等における教育も実施していきます。
11.輸送の安全に関する内部監査結果及びそれを踏まえた措置内容
平成27年12月に安全推進室による内部監査の結果、「不適合事象」はありませんでした。今年度は11月に実施する予定です。関係規定等の遵守状況や業務運営の執行状況を重点的に評価するとともに、改善に努めるなどして、安全の確保に向けた取組みを展開しております。

SEIKAN TRANSPORTATION CO.,LTD